2017年6月4日日曜日

2017.6.4 練習報告

EDCブログ読者の皆様こんにちは。水出しハーブティーを飲んで忙しさを乗り切ろうとしているブログ更新担当です。
6月最初の練習でしたが、参加者も多く充実した練習となりました。
そして、この日はなんと入団希望の方が見学に来てくださいました!大変喜ばしい限りです☆まだまだ新規入団者を募集しおりますので、当団の活動にご興味を持っていただけた方はぜひ練習の見学にいらしてください。見学の日時については大変お手数ですが「お問い合わせ」フォームから、お問い合わせをお願いいたします。

さて、活動報告ですが練習曲ラインナップは以下の通りです。

1.Halleluja. Amen 4-stimmige Canoni KV 553(V.A.Mozart)
2.I love my love(G.T.Holst)
3.「遠くへ」より『ふるさとの星』(上田真樹)
4.The Seal Lullaby(Eric Whitechare)
5.O Magnum Mysterium(T.L.de Victoria)

2.I love my love
5月末のブログ記事に「メロディー(主旋律)が途中で他声部へ移動している」と書きましたが、具体的に示したいと思います。


すこし中途半端なところからになってしまいましたが、Sop.からTen.へ、Ten.(とBas.)からSop.へ、Sop.からAlt.へとメロディーラインが移っています。Con passioneで強弱記号も ff ですから、あまり気にしなくても良いかもしれません。しかし、中間部の前後では他にも同様の手法が見られるため、音量バランスなども意識する必要があります。

4.Seal lullaby
直訳するとアザラシの子守唄となりますが、曲の前奏部分と後奏部分は歌詞が「ooh」のみのヴォカリーズとなっていて、個人的には「アザラシの鳴き声」や「薄明るい夜の海」などが彷彿させれられます。発音も演奏団体によって様々なようです。
私が下手な解説をするよりも、作曲者のエリック・ウィテカー自身を理解していただく方がより理解を深められると思います。2011年の Ted Talks でご本人がスピーチをされていますので、こちらをご覧下さい(日本語字幕付)。

https://www.ted.com/talks/eric_whitacre_a_virtual_choir_2_000_voices_strong?language=ja
エリック・ウィテカー「2000の歌声でつくるバーチャル合唱団」

スピーチ中の、2052人からなる合唱「眠り」はYouTubeで公開されています。
グローバルな取り組みに脱帽です。

それではまた次回の更新で。

0 件のコメント:

コメントを投稿