2015年11月8日日曜日

2015.11.1 練習報告

11/1の練習報告です。

1.Ave verm corps
2.11.Choral(賛美歌)
3.8.Choral.Versus Ⅶ(主は死につながれ)
4.落葉松
5.めばえ
6.O Filii et Filiae

1.Ave verm corps
モーツァルト晩年の傑作の一つですね、ラテン語の発音や転調時の和音の変化に注意して練習をしました。

2.11.Choral(賛美歌)
ドイツ語の歌詞読みから始めました。イ長調が基本の調ですが開始がニ長調を思わせる始まり方をしています。借用和音が多用されており、大変美しい曲です。2小節ごとにフレーズが区切れますが、フレーズ終りで伸ばす和音のほとんどが近親調の和音で終止しているため、和音のイメージを固めておきたいところです。

3.8.Choral.Versus Ⅶ(主は死につながれ)
こちらの曲もドイツ語の歌詞読みをおこないました。上述のコラールもそうですが、自分が歌っている音符よりも音価が短い音符を歌っている声部を追い越してしまわないように、他声部をよく聞きながら歌うようにしました。

4.落葉松
作曲者である小林秀雄自身による混声合唱編曲版の落葉松です。音取りをしました。各声部にdiv.(ディヴィジョン)があり、男女の掛け合いも多くあります。3連符のリズムを正確に歌えるよう練習を重ねていきます。途中二短調の力強いメロディが大変美しく、思わず力みそうなので注意したいところです。

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿